センター概要

住まいづくりに関する申請、検査等を 迅速に、簡単にするために生まれました。

 当センターは、茨城県において指定確認検査機関及び指定住宅性能評価機関としての役割を担うため、県内の建築住宅関係団体が共同で設立した一般財団法人です。

センターでは、併せて住宅金融支援機構(旧 住宅金融公庫)の工事審査業務や住宅保証機構のまもりすまい保険等を受託し、住まいづくりに関する手続きを一元的に取り扱うことで県民の利便の向上を図ると共に住情報の提供や住宅相談等、住まいづくりの総合支援センターとして展開しています。

当センターは茨城県知事より指定構造計算適合性判定機関として指定を受け、建築基準法に基づく構造計算適合性判定業務を行っております。また、「耐震診断・補強計画判定会議」を設置し、既存公共建築物の耐震診断や補強計画を技術的に評価し、耐震安全性を判定しています。

一般財団法人 茨城県建築センターの業務方針

  1. 建築確認申請処理期間の短縮化
  2. 工事の工程計画を踏まえた完了検査、フラット35融資及びまもりすまい保険等による中間検査の迅速な実施
  3. 住宅に関する各種申請の併願申請による書類の簡素化、迅速化
  4. 住宅の安全と安心を確保するための保険制度の普及
  5. 住宅の品質の向上を図るための住宅性能評価制度の普及
  6. 「ピアチェック」の適切な実施
  7. 利用者に配慮した営業時間、インターネット活用等によるサービスの向上
  8. 建築及び住宅相談、調査研究、住まい・まちづくり等の公益事業の実施

コンプライアンスについて

 

推進計画書

 

業務・財務に関する資料

  1. 定款(PDF)
  2. 評議員及び役員名簿(PDF)

平成28年度 貸借対照表(H29.3.31現在)